季節のお茶サロン“OCHA NO MO SA”   vol.1(2016.4.26)

第一回目レポート

生活のなかで身近にあるお茶。日本茶。
でも、美味しい淹れ方・飲み方は、知っているようで案外と知らないものです。
いつも飲んでいるお茶だからこそ、正しい飲み方を知れば毎日がちょっと変わります。


日常のお茶を美味しく飲むコツを教わりながら、ゆったりとした時間を過ごす、

「季節のお茶サロン“OCHA NO MO SA” 」を行っています。

 

2016年4月に行った第一回目の様子をご紹介します(遅くなりましてごめんなさい)


______________________

日々の暮らしの中で、「お茶のもっさ」と一息つく時間。

身近にあるお茶は、少しの工夫で変わります。

格段に味わい深くなったり、素敵なおもてなしになったり。

心と体を潤し、人と人をつなぐお茶。

一緒にTea Timeをたのしみませんか?

【メニュー】

①ウェルカムティー 心がほっとする一杯

②プチ講座「日本茶ってどんなお茶?」
 緑茶、紅茶、烏龍茶。原料はすべて「チャ」という植物。製法によるお茶の種類を学びます。

③実践:急須でお茶を淹れてみよう(煎茶)
常滑焼の急須を使い、実際にお茶を淹れてみます。茶葉により量・温度・時間が異なるのが日本茶の魅力。1煎目、2煎目の違いを感じてください。

④ティータイム(焙じ茶)
自宅でも楽しめるお茶&お菓子をご用意。自分のために淹れる丁寧な一杯。煎茶との違いを楽しみます。

参加費  3,000円 (お茶・お菓子付) ★限定4名★ 

【講師プロフィール】
吉岡美紀
日本茶インストラクター協会会員、日本茶アドバイザー、JSFCA紅茶アドバイザー。 暮らしのお茶を提案している。

☆メッセージ☆
「お茶は農産物。季節のお茶の選び方や、お茶に合うお菓子や器、お花の選び方など。「お茶」の楽しみ方を伝えます。仕事や家事、育児の合間、お友達が来たとき、『今日は日本茶にしよう』と選ぶ楽しみが増えますように」



ウェルカムティー

 

まずは自己紹介しながら、先生が用意してくれた冷茶をグラスでいただきます。爽やかな一杯。

 

 

お茶についてのプチ講座に続き、茶器について教わります。急須は、お茶の味が美味しくなる常滑焼。

 

適量を教わり、茶葉を計量して感覚をつかみます。

1煎目、2煎目を比較。色も香りも味も微妙に違って面白い!

最後はほうじ茶のアイスティーと、手づくりデザートでティータイム。いろんな話で盛り上がり、和やかなひとときとなりました。